iPhone info.ブログ

iPhoneのニュースやiPhoneの使用法、iPhoneアプリの情報のブログ

スポンサーリンク

「iPhone8」「iPhone7s」発売日は?スペックは?2017年の次期iPhoneについての噂などのまとめ

新型「iPhone」2019年にノッチ“切り欠き”を完全廃止したフルスクリーンに?2018年は切り欠きが小型化?

新型「iPhone」は、2019年にノッチ“切り欠き”を完全廃止したフルスクリーンになるという話が出てきています。

2017年に、iPhoneXで、ノッチが登場しましたが、2019年のiPhoneでは、これがなくなるのかもしれません。

 

 

f:id:kobabiz:20180308154012j:plain

 

ETnews

新型「iPhone」2019年に“切り欠き”を完全廃止したフルスクリーンに?2018年は小型化?

iPhoneのノッチ、切り欠きがなくなる?

Appleが、ノッチがなく本体表面を有機EL(OLED)ディスプレイで覆うデザインのiPhoneを2019年に発売できるよう関係企業と協議しているということです。

Appleが“切り欠き”デザインを廃止した新しいディスプレイを準備しており、2019年に発売する新型iPhoneに採用するのかもしれません。

 

FaceIDは搭載されるようだが

2019年のiPhoneにも顔認証のFace IDが搭載されるそうですが、ノッチを廃止した後にフロントカメラや通話時に耳に当てるレシーバーがどこに収まるかは不明です。

 

フルスクリーンになった場合、前面にあるカメラがどうなるのか、スピーカーなどがどうなるのかなどがわからないですよね。

Essential Phoneのようにカメラやセンサー用のホールを設けるか、ディスプレイのブラックマトリクス(RGB素子を囲う領域)を使用する可能性があるようです。

 

2018年は、ノッチ、切り欠きが小型化?

今年2018年に発売される新型iPhoneでは、5.85インチ/6.46インチの有機ELモデルと6.04インチの液晶モデルの3ラインナップですべてのモデルが顔認証に対応し、“切り欠き”を小型化したベゼルレスデザインを採用するとのことです。

 

今年2018年のiPhoneは、切り欠き部分が小型化されるのかもしれませんね。

 

Apple、2019年に3Dセンサーをリア側に搭載したiPhoneを発表? - iPhone info.ブログ

Apple、2019年に3Dセンサーをリア側に搭載したiPhoneを発表?

Apple、2019年に3Dセンサーをリア側に搭載したiPhoneを発売することを目指しているようです。

 

 

f:id:kobabiz:20171030141029j:plain

Apple Targets Rear-Facing 3-D Sensor for 2019 iPhone - Bloomberg

 

Apple、2019年に3Dセンサーをリア側に搭載したiPhoneを発表?

3DセンサーをiPhoneの背面側にも搭載するということですね。

 

2019年ということで、次の次のiPhoneということになりますが、背面にも、3Dセンサーが搭載されることで、ARに対応しやすくなるということのようです。

 

TrueDepthセンサーとは違うものもテスト

現在のiPhoneXに搭載されいてる、TrueDepthセンサーとは違うものもテストしているようです。

まだ、発売は少し先ですから、いくつか試してみて、良いものを使おうということなのでしょうか。

 

リア側に別タイプのTime of Flight方式の3Dセンサーが装備されるということのようです。

 

iPhoneの背面側の3Dセンサーによって、ARが進展する

iPhoneXは、3Dセンサーが搭載されましたが、前面に搭載されています。

これは、主に顔認識のために使われていますよね。

これが、背面に搭載されることで、写真を撮るなどにも使えるわけで、ARにiPhoneが使いやすくなるということがあるようです。

 

ということで、2019年には、iPhoneがAR端末としても、活躍できるようになるのかもしれません。

 

2018年の新型iPhoneは、5.8インチと6.5インチOLED、6.1インチ液晶の3つの新モデルが登場? - iPhone info.ブログ

2018年の新型iPhoneは、5.8インチと6.5インチOLED、6.1インチ液晶の3つの新モデルが登場?

2018年の新型iPhoneは5.8&6.5インチOLED、6.1インチ液晶の3つの新モデルが登場するのではと、 KGI証券のミンチー・クオ氏の予測です。

 

 

f:id:kobabiz:20171114114338j:plain

KGI: Apple to Launch 6.5-Inch 'iPhone X Plus' and Lower-Priced 6.1-Inch Full-Screen LCD Model Next Year - Mac Rumors

 

2018年の新型iPhoneは5.8と6.5インチOLED、6.1インチ液晶の3つの新モデル

2018年のiPhoneも、3つのモデルが登場するということのようです。

 

iPhone X Plus?

現在のiPhoneXよりも大きいiPhoneX Plusのような、6.5インチの有機ELディスプレイのモデルが登場するようです。

iPhone11 Plusとでもいうのでしょうか。

そして、iPhone11というか、iPhoneXそのままのサイズで登場するということですね。

 

6.1インチモデルも追加

そして、LCDの6.1インチのiPhone9なのか、新しいiPhoneも登場するようです。

こういうラインアップだと、ネーミングがどうなるのでしょうね。

OLEDディスプレイよりも低めのppiのLCDを装備することにより、本体価格を650ドル〜750ドル(約7万4,000円〜8万5,000円)に抑えられるということです。

このモデルにもTrueDepthカメラは盛り込まれる、Face IDは利用できるということです。

デザインとしては、iPhoneXのようになるのかもしれません。

TouchIDは廃止されるようですね。

 

2018年の新しいiPhoneのネーミングは?

2018年も、また3モデルだと、新しいiPhoneの名前がどうなるのか、わかりにくそうですね。

iPhone11、iPhone11 Plus、もう一つが、どうなるのかがわからない感じですが、iPhoneXsとでもするのでしょうか。

 

どうなるのか、今後、少しずつ情報が出てくるのでしょうね。

2018年のiPad Proは、FaceID搭載で、ホームボタンが廃止?

2018年のiPad Proは、FaceID搭載で、ホームボタンが廃止という話が出てきています。

 

 

f:id:kobabiz:20171109141816j:plain

Apple Is Working on 2018 iPad Redesign With Facial Recognition - Bloomberg

米アップルは18年にiPadのデザイン刷新、顔認証搭載へ - Bloomberg

2018年のiPad Proは、FaceID搭載で、ホームボタンが廃止?

米アップルはタブレット「iPad(アイパッド)」を刷新し、「iPhone X(アイフォーン・テン)」の特徴である顔認証などの主要機能を搭載する上位機種を2018年にも投入する方向で取り組んでいる。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ということで、FaceIDがiPadに搭載されるかもしれませんね。

 

OLEDではない?液晶ディスプレイ?

アイパッドの新機種により鮮やかな色彩の有機EL(OLED)スクリーンを採用する可能性は低いという。製品開発情報は部外秘だとして関係者は匿名を条件に話した。

しかし、有機ELディスプレイではないようです。

調達が難しいからということのようですね。

 

iPad Proは、ホームボタンが廃止され、画面が「ベゼルレス」に

スクリーンのサイズが「iPad Pro(アイパッド・プロ)」と同様となる少なくとも1つのモデルは、ロック解除や支払いなどのための顔認証機能が搭載される計画で、14年から導入された指紋認証機能を備えるホームボタンに取って代わるという。最新機種は来年後半に公表される見通し。

iPad Proは、ホームボタンが廃止され、画面が「ベゼルレス」になるようです。

 

やはりiPhoneXと同じようなiPad Proが登場するのでしょうね。

2018年の後半に公表されるようですね。

新しいApple Pencilも開発中

また、新しいAppleは、新しいApple Pencilも開発中ということです。

iPad以外にも使えるというか、iPhoneでも、Apple Pencilが使えるようになったら良いですよね。

 

ということで、Appleは、新しいiPad Proを開発しているようです。iPhoneXのような、「ベゼルレス」なディスプレイで、FaceIDが搭載され、ホームボタンがないiPad Pro。

そんなiPadが登場するのかもしれません。

Appleで注文のiPhoneXの出荷が前倒しに。11/14-11/21お届けのiPhoneXが、出荷完了に

Appleの公式サイトで、11/14-11/21お届けのiPhoneXが、出荷完了に変わっているものがあるようです。

11月8日(水)に届く模様です。

出荷が前倒しされているようですね。

Apple公式サイト

 

 

f:id:kobabiz:20171025084813j:plain

 

Appleで注文のiPhoneXの出荷が前倒しに。11/14-11/21お届けのiPhoneXが、出荷完了に

iPhoneXの発売日以降、Appleの公式サイトでは、iPhoneXの出荷予定は、3-4週間担っていました。

これは、まだ変わっていません。

iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから。iPhone8の在庫状況なども

 

iPhoneXの出荷が前倒し

しかし、11/14-11/21お届けのiPhoneXが、出荷完了になったということですね。

11月8日(水)に届くようです。

 

iPhoneXの生産は、11月に入って順調なのかもしれません。

 

2次出荷が早まったということになるのでしょうか。

こうなってくると、近いうちに、出荷予定も、縮まるかもしれませんね。

そう考えると、早めにiPhoneXを入手したい方は、Appleの公式サイトで予約すると良さそうですね。

Apple公式サイト

iPhone Xの予約はiPhone8以上、KDDI田中社長

iPhone Xの予約はiPhone8以上だと、KDDIの田中社長が語ったということです。

 

 

 

f:id:kobabiz:20171028103605j:plain

iPhone Xの予約は8以上、auフラットプランの利用率が上昇――KDDI田中社長 - ITmedia Mobile

 

iPhone Xの予約はiPhone8以上、KDDI田中社長

 

11月3日に発売する「iPhone X」の予約状況については「(予約開始の)27日から3日間は、iPhone 8/8 Plusの(予約開始)3日間と比べて約1.5倍の予約が集まっている」(田中氏)という。「8とXを両方足した(予約の)数は、去年(2016年)の7とほぼ同じ。もっと増えてもいいかもしれないが、今年(2018年)はより分散化が進んでいる」と話す。

iPhoneXの予約状況は、iPhone8シリーズの1.5倍ほどということです。

iPhoneXとiPhone8を足した数は、iPhone7とほぼ同じ予約ということです。

 

そこまで多くはないんですね。

 

2017年内には、iPhoneXの在庫は正常化

 10月27日の予約開始直後から予約が殺到し、11月3日の入手は既に厳しくなっているが、「Xの入荷は報道されているほど、お客さんをお待たせすることはないと、現時点では思っている。遅くとも年内には正常化するのではとみている」とした。

iPhoneXは、それぐらいの予約ということですが、2017年内には、入手しやすくなるのではということですね。

 

iPhoneXの生産数が上がってきて、年末か年明けには、需要と供給が合う感じになるのかもしれません。

 

iPhoneXの予約が好調。世界の予約台数の見通しを4,000万台から5,000万台に引き上げ - iPhone info.ブログ

 

世界でも予約が好調ということですが、iPhoneXの生産もようやく安定してきているということのようですし、年末から年始にかけて、iPhoneXも入手しやすくなるのかもしれませんね。

iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから。iPhone8の在庫状況なども

とはいえ、まだしばらくは在庫が少ないでしょうから、早めに予約すれば、早めに入手できるというのはありそうです。

iPhoneXの予約が好調。世界の予約台数の見通しを4,000万台から5,000万台に引き上げ

iPhoneXの予約が好調ということです。

 

Apple公式サイト

ソフトバンク

auオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

 

f:id:kobabiz:20171025084813j:plain

iPhoneX 予約好調:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

 

iPhoneXの予約が好調。世界の予約台数の見通しを4,000万台から5,000万台に引き上げ

 

調査会社が、iPhoneXの世界の予約台数の見通しを、4,000万台から、5,000万台に引き上げたということです。

需要があるということですね。

iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから。iPhone8の在庫状況なども 

2017年内の生産台数は、2000万台超? 

2017年内のiPhoneXの生産台数は、2,000万台超ということも言われています。

年内だと、だいたいこれぐらいのようです。

 

だとしたら、予約をさばき切れるのは、2018年に入ってからということになるかもしれません。

 

とすると、 iPhoneXを、早く入手したい方は、予約されると良いですね。