iPhone info.ブログ

iPhoneのニュースやiPhoneの使用法、iPhoneアプリの情報のブログ

スポンサーリンク

「iPhone8」「iPhone7s」発売日は?スペックは?2017年の次期iPhoneについての噂などのまとめ

iPhoneXの初期の生産量、さらに少なく?部品の製造数は計画の40%程度?

iPhone Xの初期の生産量が、さらに少なくなるかもしれません。部品の製造数は計画の40%程度という話が出てきています。

 

 

f:id:kobabiz:20170913044947j:plain

 

iPhone X component suppliers told to slow down delivery, say sources

 

iPhoneXの初期の生産量、さらに少なく?部品の製造数は計画の40%程度?

サプライヤー関係者からの情報として、iPhoneX用の部品を製造するサプライチェーンの上流のサプライヤーが、Appleからの指示により出荷のペースを落としているようだとのことです。

 

初期計画の40%程度?

iPhoneXの初期出荷台数に基づく当初計画に対して、現時点で40%しか出荷していないという話ですね。

 

40%というのが台数としてどれくらいなのかはわかりませんが、半分も行ってないということになりますね。 

 

iPhoneXの予約やiPhone8の販売状況で判断したいようです

そして、Appleは、10月27日に開始されるiPhone Xの予約受付状況と、9月22日に発売されたiPhone8/8 Plusの売れ行きを踏まえて、iPhoneXの生産をフル生産にするかを判断したいということです。

 

フル生産には入っていない?

iPhoneXは、フル生産の稼働をしていないということのようですね。

もしこの情報が本当だとしたら、iPhoneX発売初期の時点では、かなり生産台数は少なくなるのかもしれません。

そして、供給不足が続いて、発売後も、入手がむずかしいということになるのかもしれませんね。

 

何か製造に問題があるのか、何かしらの部品で歩留まりが悪く部品が足りないようで、製造の数は多くなっていないようです。

 

iPhoneXの生産に遅れ?本格生産は10月中旬から? - iPhone info.ブログ

 

この手の話が、iPhoneX発表から続きますね。iPhoneXの生産は、あまり順調ではないのかもしれません。iPhoneXの初期の入手は困難になるのかもしれませんね。

iPhone 8/8 Plus、「MVNOロック」なし。auとソフトバンクの端末で、ロック解除が不要に

iPhone8と、iPhone8 Plusは、「MVNOロック」はないようです。

 

 

f:id:kobabiz:20170914090059j:plain

iPhone 8/8 Plusは「MVNOロック」なし

 

総務省が2017年1月に公表した「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」のSIMロック解除のガイドラインで、2017年8月1日以降に発売される端末については、MVNO向けのSIMロックを廃止とすることをルール化し、これにのっとった形ということです。

 

これまでは、auとソフトバンクで、ロックの解除が必要な場合もありましたね。

 

auとソフトバンクの端末で、ロック解除が不要に

auとソフトバンクのiPhone8、iPhone8 Plusでロック解除が不要になるということです。

 

対応している周波数帯を使っている、格安SIMであれば、使えるということになりまうね。

 

auの格安SIM、iPhone8では、テザリングはできないようです

mineoが、auのiPhone8、iPhone8 Plus端末の対応状況を確認しているようで、ロックを解除しなくても使えるようです。

しかし、テザリングはできないようですね。

ここが残念ですよね。

 

テザリングもできると良いのですけれど。安くて速いのは、UQモバイルが良いですね。

UQモバイル

iPhoneXの生産に遅れ?本格生産は10月中旬から?

アナリストChristopher Caso氏によると、iPhoneXに生産の遅れが見られるようです。

iPhoneXは、発売時点での品薄が予想されていますが、入手が困難となるのかもしれません。

 

 

f:id:kobabiz:20170913044512j:plain

 

Apple’s ‘iPhone X’ Production Delayed Further, Says Raymond James

 

iPhoneXの生産に遅れ?本格生産は10月中旬から?

Christopher Caso氏によるサプライチェーンの調査によれば、iPhone Xの本格生産はまだ始まっていないということです。

 

これまでも、遅れているということでしたが、さらに遅れているということです。

12月まで遅れるかもしれないという話です。

先月の予測よりも1カ月遅く、6月時点の予測よりも2カ月遅いとのこと。

 

iPhoneXの本格生産は、10月中旬から?

iPhoneXの本格生産は、10月中旬からということのようです。

 

もしそうなるとしたら、さらに、発売時点では、品薄になりそうですね。

 

生産の問題なのか?部品供給の問題なのか?

この記事からだけだと、どうもよくわからないのですが、生産が始まっていないということのようです。

ただ、もうお披露目はしているので、iPhoneXの実機はできているということはありますよね。生産段階での問題があるのか、それとも部品の供給の問題なのか。

 

この記事からだと、生産段階での問題があるかのように見受けられますが、どうなのでしょうか。

いずれにしても、現段階では、iPhoneXは、10月27日から予約開始ですね。

なので、iPhoneXの生産が順調に行って、在庫が豊富になるようにしてもらえると、入手しやすくなって良いと思うので、しっかり生産してもらえると良いですよね。

iPhoneXの供給不足は来年まで継続、新色ゴールドは後から追加? - iPhone info.ブログ

iPhoneX、iPhone8の予約方法まとめ。Apple公式サイト、ソフトバンク、au、ドコモ、家電量販店で予約受付 - iPhone info.ブログ

iPhoneXを、Appleが発表。10月27日予約開始。11月3日発売。iPhone8も - iPhone info.ブログ

Appleが、Apple Watch Series3のセルラー版で接続問題があると認める。ソフトウェアアップデートで対応予定

Appleが、Apple Watch Series3のセルラー版で接続問題があると認めたそうです。

 

 

 

f:id:kobabiz:20170921101123j:plain

Apple admits to Apple Watch LTE problems just before it ships - The Verge

 

Appleが、Apple Watch Series3のセルラー版で接続問題があると認める。ソフトウェアアップデートで対応予定

まだ、Apple Watch3は、発売されていませんが、すでに海外では、レビュー記事が上がっています。

そこで、LTEではなく、Wi-Fiを探しに行くことで、つながりにくくなる問題があるようです。Apple Watch Series2が、携帯電話の回線にはつながらず、不明なWi-Fiネットワークに接続しようとするようです。

 

LTEを探さないで、Wi-Fiを探しに行ってしまうようですね。

 

Appleは問題を認識、ソフトウェアアップデートで対処するとのこと

「Apple Watch Series 3が、未認証のWi-Fiネットワークに接続しようとするために、セルラーネットワークに接続できないという問題が起きていることがわかりました。今後のソフトウェアリリースで解決すべく、調査中です。」

 

ということで、今後、Apple Watchのソフトウェアアップデートで解決されるようです。

watchOSがアップデートされるのでしょう。

 

Appleがこの問題を修正するソフトウェアアップデートを提供する時期は不明

Appleがこの問題を修正するソフトウェアアップデートを提供する時期は不明です。

が、近いうちに修正されるのではないでしょうか。技術的に解決できれば、比較的早い段階で修正されるのではないかと思います。

技術的に解決できないと、時間がかかるだろうと思いますが、以前もiPhoneで、電波問題などがありましたから、そこまで時間はかからずに、アップデートが登場するのではないかなと、個人的には期待しています。

Apple Watch

2018年iPhoneでTouch IDを搭載もある?Touch IDはなくならない?

iPhoneXで、Touch IDは、搭載されていません。

 

f:id:kobabiz:20170920103710j:plain

 

Kuo: If Face ID is 'Well Received,' It's Likely 2018 iPhones Will Fully Adopt TrueDepth Camera - Mac Rumors

 

2018年iPhoneでTouch IDに戻ることもある?Touch IDはなくならない?

KGI証券の著名アナリストであるミンチー・クオ氏によると、Touch IDがまた搭載される可能性もあるようです。

 

Touch IDがまた搭載される可能性

またTouch IDが搭載される可能性としては、

 

Face IDについての、ユーザーの反応

ディスプレイにTouch IDを組み込むことができるか

 

といったことで変わってくるようです。

 

Face IDがどういう受け入れられ方をするのか?

Face IDは、ユーザーにどういう受け入れられ方をするのでしょうね。

Galaxy S8で、顔認証ができますが、イマイチです。

Face IDは、それ以上に良いのだろうと思いますが、やはり画面を見てから、というのが、指紋認証より遅いんですよね。

 

Touch IDをディスプレイに組み込めるか?

あとは、ディスプレイにTouch IDを組み込めるのかというのがありますね。

技術的に、この点が解決されるなら、Touch IDがあったほうが良いですよね。

画面を見なくても、iPhoneのロックを解除できるので、少し早く使い始めることができますから。

 

2018年のiPhoneでは、Touch IDはどうなるのでしょうか?

2017年のiPhoneでも、Touch IDはどうなるのか、搭載されるのかという話がありましたが、2018年のiPhoneでも、この話は続くのかもしれませんね。

 

個人的には、Touch ID、指紋認証を搭載して欲しいものですが、どうなるでしょうね。

 

iPhoneXの供給不足は来年まで継続、新色ゴールドは後から追加?

iPhoneXの供給不足は2018年まで継続するだろうと、アナリストが報告しているということです。

 

 

f:id:kobabiz:20170913044947j:plain

Ming-Chi Kuo Says iPhone X Unlikely to Reach Supply-Demand Balance Until Next Year - Mac Rumors

 

iPhoneXの供給不足は2018年まで継続、新色ゴールドは追加?

アナリストのミンチー・クオ氏が、投資家向けに配布したメモによれば、iPhone Xの需要に供給が追いつくのは、早くても来年前半になるということです。

 

供給不足が、懸念されるiPhoneXですが、なかなか生産台数は増えないのかもしれません。

 

iPhoneXの発売がiPhone8よりも遅いのは

また、iPhone Xの予約開始がiPhone8/8 Plusより遅れる理由について、iPhone Xの供給だけでなく、同時に発売すると、iPhone XがiPhone8/8 Plusの売上を奪ってしまうことを、Appleが懸念しているためだろうとしています。

 

どうなのでしょうね。

たしかに、そういう面もあるのかもしれません。

ただ、だとしたら、年末にかけて、もう少し生産台数が増えて、供給も増えるのではないでしょうか。

やはり、クリスマス商戦、年末商戦が、販売を増やすには大切というのはあるでしょうから。

 

生産の遅れが、供給不足を招くだろうために、やはり遅らせたのでしょう。

それでも、供給不足が懸念されるようですが。

 

新色のゴールドは?

iPhoneX、カラーが、シルバーとスペースグレイの2色です。

ゴールドには、生産上の問題があるので、遅れるかもしれないと、ミンチー・クオ氏は報告していたようです。

iPhoneXにも、ゴールドは後から追加されるのでしょうか。

 

iPhoneXが、どこまで生産できるのかによって変わってくるのかもしれませんね。生産不足、供給不足が懸念されるiPhoneXですね。

iPhoneXの販売価格、機種代金を、ドコモが発表。実質負担額が、64GBで68,472円、256GBが86,832円

ドコモが、「iPhone X」の販売価格を発表しています。

ドコモ

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20160505/20160505085848.gif

 

ドコモが、「iPhone X」の販売価格を発表

 

ドコモの、iPhoneXの販売価格

ドコモのiPhone Xの販売価格は、このようになっています。

iPhone X MNP/新規/機種変更(Xi→Xi)/契約変更(FOMA→Xi)
64GB 256GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
5,211円/月
(125,064円)
5,994円/月
(143,856円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
2,358円/月
(56,592円)
2,376円/月
(57,024円)
実質負担金(24か月)
(総額)
2,853円/月
(68,472円)
3,618円/月
(86,832円)

 

ドコモのiPhoneXの24ヶ月での実質負担額が、64GBで68,472円、256GBが86,832円です。

 

iPhoneXとiPhone8、iPhone8 Plusとの比較

iPhone 8、iPhone 8 Plusのドコモオンラインショップ販売価格を発表 - iPhone info.ブログ

ちなみに、ドコモのiPhone8の24ヶ月での実質負担額は、64GBが31,752円で、256GBが50,112円ですね。 

ドコモのiPhone8 Plusの24ヶ月での実質負担額は、64GBが43,632円で、256GBが61,992円です。

 

iPhoneXが、やはり高いですね。月々サポートは、どのiPhoneも大差がないので、端末価格が高いiPhoneXが、そのまま高い感じになっています。

 

iPhoneX、やはり高め

iPhoneXは、やはり価格が高めですね。

ドコモオンラインショップ

この価格だと、格安スマホが数台買えてしまう価格になります。

そう考えると、iPhoneXは、それでも、iPhoneだから買うという人が買うという端末になるのかもしれませんね。